[解説論文]レーザ加工学会誌

レーザー加工学会誌6月号の特集「次世代レーザ加工のための数値シミュレーション」で、宮地が執筆した解説論文が掲載されました。タイトルは、「フェムト秒レーザ誘起プラズモニック近接場を用いたナノ加工のための計算手法」です。フェムト秒レーザーによって回折限界以下のサイズの構造体をアブレーションにて形成するために使用する計算手法について解説しました。本計算手法は形状のサイズをデザインするときにも非常に有用です。


東京農工大学 宮地研究室

工学部 物理システム工学科 Tokyo University of Agriculture & Technology, Miyaji Lab. Faculty of Engineering, Department of Applied Physics