BLOG

IAPLE主催のIAPLE conference 2019(知床北こぶしホテル)にて宮地が、2019年7月30日に基調講演をしました。フェムト秒レーザーで誘起した近接場によるナノ加工に関する研究成果についてです。写真はホテルにいたクリオネ。

EPS, OSA, IEEE主催のCLEO/Europe-EQEC 2019(ミュンヘン, ドイツ)にて宮地が、2019年6月23日に口頭講演しました。SiOx上へのナノ加工に関する最新の研究成果についてです。写真は講演会場。200人ほどの聴衆に聞いていただけました。

Title: Nanostructure formation on Silicon suboxide with plasmonic near-field ablation induced by femtosecond laser pulses 

Authors: Tatsutoshi Takaya, Godai Miyaji, Lukas Richter, Jürgen Ihlemann


2019年6月21日に、第91回レーザ加工学会講演会(大阪大学 銀杏会館)にて宮地が招待講演を行いました。タイトルは、「低フルーエンス数サイクルレーザパルスによるDLC表面へのナノ構造生成」で、薄膜への表面プラズモン励起現象を利用した微細加工に関する研究成果です。

レーザ加工学会

レーザ加工学会は,2012年9月19日に「一般社団法人レーザ加工学会」として登記されました。今後とも、レーザ加工発展のために努力してまいりますので皆様のご協力、ご後援、ご鞭撻のほどをよろしくお願い申し上げます。2014年6月24日に日本学術会議協力学術研究団体の指定を受けました。 LAMP2019 第8回レーザ先端材料加工国際会議会期 : 2019年5月21日(火)~24日(金) 会場 : 広島国際会議場 URL : http://www.jlps.gr.jp/lamp/lamp2019/ 参加登録の事前受付締切日:5月8日(会期中、当日登録も可)総会開催のご案内 レーザ加工学会総会のご案内(出欠委任状):     日程 : 2019年6月20日(木)    場所 : 大阪大学 吹田キャンパス 銀杏会館        阪急電鉄・三和銀行ホール   議題 : 1)平成30年度事業報告       2)平成30年度決算の件       3)その他第91回レーザ加工学会講演会 日程 : 2019年6月20日(木)、21日(金)会場 : 大阪大学 吹田キャンパス 銀杏会館  会場URL : http://www.office.med.osaka-u.ac.jp/icho/index.html  ポスター発表申込締切(2019年5月7日(火) )申込書: 執筆要領: , ポスター発表をお願いします。概要集掲載用論文(1頁分)をご執筆ください。  ポスター展示申込締切(2019年5月7日(火) )ご案内: 申込書: 執筆要領: , 展示用ポスターをご用意ください。概要集掲載用論文(1頁分)をご執筆ください。(推奨)(論文ではなく、ご広告を掲載ご希望の場合は、広告原稿をご用意ください。)  カタログ展示申込締切( 2019年5月7日(火) )ご案内: 申込書: 展示用カタログをご用意ください。概要集掲載用ご広告原稿(1頁分)をご用意ください。詳細は、各ファイルにて御確認くださいますようお願いいたします。  第90回レーザ加工学会講演会より,論文集を冊子からWEBへの掲載へ変更する運びとなりました.従来は講演会当日に冊子形態の論文集を会場で配布し,講演会に出席されない方には講演会後に送付しておりましたが,今後は講演会開催前に学会WEBページへPDF形式の論文集をアップロードし

www.jlps.gr.jp

インクを使わない着色方法

 [概要] 宮崎・宮地が開発した2ステップアブレーションプロセス[特許出願済]を用いると、ステンレス鋼表面に周期サイズが均一なナノ格子を形成することができました。その表面色を評価したところ、従来の不均一な周期のナノ構造を有する表面色よりもカラーバリエーションが豊富で、かつ明るいことがわかりました。本手法を用いることにより、インクを使わない、より発色性の高いレーザーカラーマーキングへの応用が期待されます。

https://www.osapublishing.org/ome/abstract.cfm?uri=ome-9-7-2902

Structural coloration of a stainless steel surface with homogeneous nanograting formed by femtosecond laser ablation

Abstract: Using the two-step ablation process with femtosecond (fs) laser pulses, a homogeneous nanograting with a uniform period was formed on the stainless steel. The surface color was evaluated with a photograph taken as functions of an incident angle of white light and an observation angle. We have found that the color has more variation and brightness than that of the surface with a non-uniform periodic nanostructure produced with the single-beam fs laser pulses. The results show that the nanograting can spatially disperse well the incident light into individual wavelength owing to the diffraction with high efficiency. Calculation using the grating equation reproduced the characteristic change of the colors observed as functions of these angles.

表面プラズモンの伝搬損失をレーザー光で制御可能

We report a new aspect of surface plasmon polaritons excited on a nonmetallic material pumped with intense femtosecond laser pulses.

[速報] 非金属表面に高強度のフェムト秒レーザーパルスを照射したときに励起される表面プラズモン・ポラリトン(SPP)について、金属表面で励起されるSPPでは見られなかった新しい現象【レーザーパルスエネルギー密度の増加によってプラズモン減衰が減少すること】について報告しました。今後、レーザーパラメータによって自在に非金属表面でのSPPの伝搬をコントロールできるようになることが期待されます。


https://doi.org/10.7567/1347-4065/ab13db

Reduced damping of surface plasmon polaritons on silicon with intense femtosecond laser pulse

Abstract: Using intense p-polarized 100-femtosecond laser pulses, the reflectivity of a silicon grating was measured in air as a function of the incident angle. The angular dependent reflectivity was observed to abruptly decrease to create a sharp dip at a specific incident angle, representing the surface plasmon resonance (SPR) induced on the grating. We have found that the sharpness of the dip increases with increasing the laser fluence. The experimental results show that the increase in the laser fluence produces a higher density of free electrons in the surface and decreases the plasmon damping to enhance the SPR. The calculated reflectivity reproduces well the increase in the dip sharpness with increasing the electron density in the silicon grating surface.