光・量子デバイス研究会で研究成果を発表

電気学会主催の光・量子デバイス研究会(福山市鞆公民館)にて、3月9日(金)に宮地が研究成果を発表しました。タイトルは、「フェムト秒レーザーでシリコンに励起した表面プラズモンの減衰特性」(OQD-18-012)です。



東京農工大学 宮地研究室

工学部 物理システム工学科 Tokyo University of Agriculture & Technology, Miyaji Lab. Faculty of Engineering, Department of Applied Physics